×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

脊髄腫瘍(2013年)は脊髄腫瘍(2005年)のリニューアルサイトです

管理人のプロフィール


管理人のプロフィール

患者名
管理人(くまちゃん)
脊髄腫瘍
非多発性・非遺伝性・非転移性・原発性脊髄腫瘍
高位・局在
脊髄髄内腫瘍・頸髄腫瘍(C5) 頸髄(頸椎)の5番目
腫瘍の種類・大きさ
上衣腫(ependymoma) 縦1㎝×横1㎝
脊髄空洞症
脊髄腫瘍に伴う脊髄空洞症の併発は無し
身体障害者手帳
身体障害者手帳は無し
病院・診療科目
日本脊髄外科学会 訓練施設  大阪市立大学医学部附属病院 脳神経外科
執刀医
日本脊髄外科学会 理事・指導医 大畑 健治教授
主治医(外来担当)
日本脊髄外科学会 指導医 高見 俊宏先生
脊髄腫瘍の発見
2002年09月03日 MRIの脊髄に影が写る(脊髄腫瘍か脊髄炎か判別不明)
手術日
2003年01月07日       
入院期間
2002年12月09日~2003年01月30日 (手術前29日・手術後25日、合計54日)
経過観察終了
2012年07月30日 この日をもって、元・脊髄腫瘍の患者になる
全身状態
独歩入院、独歩退院(補助用具等不要)
退院後
自宅療養(リハビリ施設への転院は無し)
保険診療点数
脊髄腫瘍摘出術(髄内のもの)K191-2 54,500点(手術点数のみ)
手術時間
閉鎖循環式全身麻酔(伏臥位) 11時間50分       
手術体位
semiprone park bench position       
手術説明書
『病状および治療方針決定のための説明書』 A4サイズ6枚       
手術説明
執刀医、患者(管理人)、親族を含めて、口頭で約1時間説明を受ける
手術ビデオ
後学のために脳神経外科で保存(管理人はまだ見たことがない)       
椎弓形成術
完全還納式椎弓形成術(大学病院オリジナル)5椎間
椎弓切除+ハイドロキシアパタイトスペーサー+チタンミニプレート固定法
固定用内副子
F2-a-1(TiMeshチタンミニプレート)8個
F1-a(セルフドリリングスクリュー)21本
F1-a(TiMeshチタン丸皿頭レスキューネジ)2本       
人工骨
AB-13(アパセラム骨補填材)8個       
人工硬膜
ゴアテックス
病床
ICU1泊、NRCU1泊、手術後2日目から6人部屋に戻る
頸椎固定帯
シグマックス 頚椎固定シーネ カラーキーパー・メッシュ
弾性ストッキング
BGTアンチエンボリストッキング(深部静脈血栓予防)
鎖骨固定帯
アルケア クラビクルバンド・Ⅱ(用意して頂いたが、一度も使用せず)
手術創
医療用ホッチキス(スキンステープラー)で縫合
①後頭部から肩下まで30数針(医師がざっと数えて教えてくれた)
②頭部、額など2~3針を数箇所(頭蓋骨支持器のために切開)
③ドレーン(排輸液チューブ)1針       
抜糸(抜鈎)
1回目 手術後10日目 1個づつ交互に抜糸(抜鈎)
2回目 手術後11日目 残りを抜糸(抜鈎)       
剃髪
看護師によりバリカンと、電気シェーバーで刈られる
歩行
手術後01日目 点滴スタンドを支えにして、歩行開始
手術後02日目 点滴スタンドか、四輪歩行器を使用
手術後03日目 何も使用せず歩行
手術後09日目 階段歩行開始       
トイレ
手術後01日目 膀胱内圧検査終了後、洋式トイレを使用
入浴
手術後09日目 胸より下のみシャワー浴       
寝返り
手術終了から6時間後 体を傾けてバスタオルを丸めたものを挟む       
大型の厚手のバスタオルを折りたたんだもの       
リハビリ
手術後19日目 リハビリ開始(手術前4日・手術後3日、合計7日)       
自転車
手術後19日目 リハビリ室内のエアロバイクを開始
手術後25日目 退院当日、自転車に乗って遊びに行く